腹斜筋のトレーニングと鍛え方

腹回りの脂肪の原因はほとんど腹斜筋の衰えと言ってしまっても過言ではないでしょう。
腹斜筋ってほんと普段意識しないと使わない筋肉で、どれだけ毎日腹筋をしても中々腹斜筋までしっかりと鍛える事はできません。

そしてその結果として下っ腹から腹回りに限って中々痩せることができないと。。

こんなことが原因でせっかく始めた腹筋運動も効果がなくてやめてしまったと言う方も、もしかしたら多いのではないでしょうか。

しかしもちろん腹回りやウエストのくびれを手に入れたいのであれば、そんなことは言ってられません。

確かに腹斜筋は鍛えるのが難しいところではありますが、しっかりとトレーニングさえすれば、ちゃんと鍛えられるところでもあります。

そしてしっかりとした鍛え方をすれば、毎日鏡で自分のウエストを見ながら、うふふ。なんてことも。

腰のくびれを手に入れるためにはこの腹斜筋のトレーニングは必要不可欠です。
これからご紹介するのは、人によってはちょっときついトレーニングとなるかもしれませんが、効果の方は抜群に良いですので、是非継続的に行ってみてください。

【腹斜筋の鍛え方】

  • まず仰向けになって寝そべります。
  • 片方のひざを腰との角度が90度になるように上に上げます。
  • 上に上げた膝と逆側の手を軽く耳に添えるようにし、ひじが上げたひざに軽く当たる程度まで体を反らしながら持ち上げます。
  • ひじがひざに当たっている状態で10秒程度キープし、それが終わったら左右を逆にして同じことを繰り返します。
  • この運動を3セット程度繰り返しましょう。

この腹斜筋トレーニングは私が実際にやっている方法ですが、確かにちょっときついです。
しかしその分見返りは本当に大きいですので、しまった腹回りを手に入れるためにも、是非一度お試しになってください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ