内臓脂肪がぽっこりお腹の原因?

お腹が出てきてしまうのは多くの場合肥満が原因であるのですが、その肥満にも2つのタイプがあります。

まずは普通に皮下脂肪が溜まっているタイプのものですね。

これは恐らく多くのダイエットに励む人が悩むタイプのもので、自分のお腹のぜい肉をしっかりとつまむことができます。

そしてもう一つの方は、皮下脂肪ではなく内臓脂肪が溜まっているタイプのもの。

これは皮下脂肪でなく言葉の通り内臓脂肪が人より多いため、同様にぽっこりお腹になってしまうというものですね。

たまにお腹がぼてっとした感じではなく、お腹がぱんぱんに張ったような状態のおじさんなどを見た事がないでしょうか。

まるで風船のようにお腹が膨らんで、お腹のぜい肉がつまめないような状態の人が内臓脂肪タイプの肥満である可能性が高いです。

どっちにしても肥満であることには間違いありません。

しかし内臓脂肪タイプのものは皮下脂肪とは違い、比較的簡単に減らす事ができると言われています。

一見体の外側の皮下脂肪の方が、体の内側にある内蔵脂肪よりも簡単に落とせそうなイメージですが、実際には全くの逆となっているんですね。

またこれを読んで、「私は皮下脂肪タイプだわ~。」なんてお嘆きの方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった場合にも皮下脂肪と内臓脂肪の両方が増加している可能性もあります。

つまりまずは内臓脂肪を減らすことで、皮下脂肪タイプの方もある程度ウエストのサイズを減らすことができるということです。

ですので皮下脂肪ももちろんそうなのですが、まずは簡単に減らすことのできる内臓脂肪から普段の注意によって頑張って減らすことから始めてみましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ