断食によるダイエット

ほぼ全ての食事をやめ、何も食べないことを断食、あるいは絶食といいます。

ファスティングという言葉もあります。

生きるために水の摂取は行いますが、それ以外の食事はどんなものであれ食べないというものです。

世界には、宗教的な理由で行うという断食もあります。

イスラム教での断食は、日の出から日没までの半日間は飲食をしません。

キリスト教やユダヤ教、仏教など、さまざまな宗教でもこの行為は見られますが、ダイエットが目的ではありません。

断食を数日間続けることによって五感が敏感になり、精神が研ぎ澄まされるといい、宗教的な思想を模索するためや苦行のためなどで断食します。

断食による五感の鋭敏化などを追求しているのかもしれませんが、食事は人間が生きるために必要な行為で、それを断つことは良いこととは言い難いかもしれません。

心身ともに負担をかけるような行為によって、一体何を求めているのでしょうか。

本来は三度の食事をバランスよく摂るのが体にとって一番良い方法です。

何らかの理由で栄養摂取が止まった場合、人の身体は体内の脂肪や蛋白質をエネルギーに変えて生命を維持します。

体内の脂肪やタンパク質が尽きるまでは、生きていけるわけです。断食ダイエットは、このような身体の特質を利用しています。

負担が大きく、決して簡単にできる方法ではありません。


このページの先頭へ