断食ダイエットの効果とリバウンド

断食などが原因で外部からの栄養供給がなくなってしまっても、人間は体内に蓄えてある脂肪や糖によって生き延びます。

人間は、一定期間なら栄養供給が一切なくなっても、生き続ける力を持っているのです。

断食は身体の中に溜まっていた余分な栄養分を使い切ると共に、絶えず動いていた内臓をしばらく休ませ、体内の老廃物や毒素を追い出してくれます。

絶食をはじめてから約5時間が経過すると肝臓の血液浄化作用が始まります。

そしてドロドロ血液を解消するには、そのまま10時間以上が必要です。

余分な脂肪や老廃物を断食ダイエットで毒抜きすると健康が増進され、衰えていた体機能を復活させることができます。

断食ダイエットの大きな目標の一つに、毎日の食事習慣を改善するということがあります。

食事を断つことは体がリフレッシュできるだけでなく、それ以前の過食が見直され、食習慣が改められることによってダイエットに効果があります。

留意すべき点は多々ありますが、大事な点としては、断食状態が続いた体は不足気味なエネルギーを何とかするために、体内にエネルギーを蓄積しやすくなることです。

断食ダイエットは終了時の食事も気を配らなければなりません。

断食後に急にたくさん食べると脂肪が蓄積されやすく、リバウンドの原因になってしまいがちです。

しぱらく食事を断った後、再度食事を摂る時の量やカロリーは重要です。

断食ダイエット終了直後の体は、栄養の消化吸収力が向上しているからです。

断食後は食欲も高まっているので、軽い食事が逆に精神的なストレスとなって失敗の元となることも。

長期間の安全な断食を行うには、断食専門の施設で行うことをおすすめします。


このページの先頭へ