朝2分ダイエットの効果

大きく息を吸って肺を広げると、胸にある胸肋関節が開きます。

朝2分ダイエットはこの点に着目したものです。

起きてすぐ、ベッドの中で伸びをしながら2分間の深呼吸を行うことで、胸助関節を開きます。

胸助関節が開くと骨盤が締まります。

胸助関節と骨盤はシーソーのように関連しているのです。

骨盤が締まると、頭蓋骨も連動して締まります。

朝2分ダイエット

骨盤は全身の関節の開閉に深く影響しているので、骨盤が締まれば全身の関節も締まります。

その為、毎日朝2分ダイエットを実践していると自然に痩せやすい体質へと変わっていくのです。

全身の関節や血流、ひいては内臓に影響を与える骨盤ですが、非常に柔軟性があるがゆえに、日頃の姿勢で歪みもします。

骨盤の歪みが起きる姿勢に、横座りがあります。

おしりを右か左のどちらかに、その反対側に足を出す座り方ですが、同じ方向ばかりの座り癖 がついているとねじれはひどくなる一方です。

脚組みは骨盤の高さに左右差を与える姿勢なので、いつも同じ脚を上に組む人であれば、既に骨盤にゆがみが慢性化している恐れもあるようです。

骨盤のゆがみに関係ある姿勢としては、横になった時にひじを立てて頭を乗せ、重心が一方に偏ってしまうひじ枕があります。

居眠りする時などにひじ枕状態で長時間いない方がいいようです。

最後に脱力と座りと呼ばれる姿勢で、普通は胸を突き出す様に背筋を反るのが正しい姿勢ですが、脱力させていると背骨がどんどんゆがん でいきますので注意しましょう。


このページの先頭へ