自宅でできるプチ断食ダイエット

本断食とは比較的長期の断食で、3日間以上のものです。

本断食を行うには、指導者のいる施設で安全に行うことが必要となりますので家庭では行わない方がいいでしょう。

半日ほどの断食なら、家で安全に挑戦することができます。

1日の断食ダイエットも可能ですが、無理が生じますので、あまりおすすめできません。

半日断食ダイエットは、夕飯を食べた後から、昼食までの間、食事をしないダイエット方法です。

断食時間の間は水以外の一切のものを口にすることはできません。

18時間以上の断食タイムを設けるという手法になります。

食事を絶つことによって、胃腸を休めます。

十分な水分を補うことで老廃物の排出が促されますので、朝食代わりには0.5リットル程の水分を摂取します。

ダイエットに便秘は禁物なので1日2リットルを目標に水分を摂取します。

18時間もの断食を乗り越えたとしても、空腹感の反動から直後の食事で食べ過ぎたりしては意味がありません。

カロリー量を加減することは断食ダイエットの骨子なので、可能な限り適量を心がけてください。

朝食抜きがつらい方は、食事の量をコントロールしたり、朝食を野菜ジュースやゼリーに置き換えるなどして、無理なく徐々に断食ダイエットを進める工夫をしてみましょう。

あまり気負わず、食事習慣を一旦リセットして見直すくらいの気分でトライしてみてはどうでしょう。

断食ダイエットによって規則正しい生活、健やかな精神を手に入れてください。


このページの先頭へ