豆乳の偉大な効果

このところ、豆乳ダイエットが世間の関心を集めています。

いろいろな雑誌や通信販売で紹介されていますが、どういう手順で行うダイエットなのでしょうか。

豆乳の材料は大豆です。大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめて濾すと豆乳ができ、これが豆腐の材料となります。

豆乳はご存知のように高タンパク質でノーコレステロールのヘルシーな食材なのでダイエットに向いている食品といわれています。

豆乳ダイエット

現在販売されている豆乳には3パターンありますが、そのうち無調整豆乳は糖分や着香料のない生のままの豆乳です。

逆に調整豆乳と呼ばれるものは、豆乳に糖類や香料を加え、口当たりをよくしてあります。

豆乳に果汁やコーヒーなどの味がついているものが豆乳飲料で、大豆成分は無調整豆乳の半分程度です。

豆乳ダイエットに使うなら、糖質の少ない無調整豆乳にした方がいいでしょう。

豆乳に含まれる大豆たんぱく質が体内で分解され変化したものを大豆ペプチドといいます。

腸管の神経を刺激し、代謝を促進することが大豆ペプチドには期待できます。

豆乳を飲むと交感神経が優位になり血流が増えて基礎代謝が高まりますので、ダイエットに非常に効果的なのです。

大豆の苦味の元となっている大豆サポニンは脂質の消化を抑制し、血中脂質を低下させる効果があります。

また、すい臓の脂肪消化酵素に働きかけ、腸での脂肪吸収を抑えることができるという物質でもあります。

豆乳にはダイエットに効果的な様々な働きがありますので、健康的なダイエットをするには豆乳を上手に利用する豆乳ダイエットがおすすめだといえます。


このページの先頭へ