豆乳の有効的な飲み方

豆乳をダイエットに用いる方法はいくつかありますが、食前に一定量の豆乳を飲む方法が手軽です。

豆乳ダイエットで豆乳を飲むに適したタイミングは、適度な満腹感と、腸に先回りした豆乳が腸内環境を整えることを期待して、食事30分前くらいが目安になります。

飲むものは無調整豆乳がいいでしょう。

調整豆乳や豆乳飲料よりずっと大豆成分が濃く、ダイエットに効果があります。

食事制限をしたくない人や空腹に耐えられない人でも、食事前に豆乳を飲むだけでダイエットができる豆乳ダイエットならば気軽にチャレンジできるのではないでしょうか。

冬場には暖かい豆乳を飲んでもいいですし、冷たいまま豆乳を飲むのも簡単です。

ミキサーで豆乳とバナナをすり潰すと、口当たりのいい豆乳バナナ飲料に変身させることができます。

バナナの代わりにパイナップルなど、トッピングを変えながら飲むと、毎日飽きずに続けることができるでしょう。

豆乳バナナにはすりゴマやきなこだけでなく、ココアや健康ジュース、プロテインなどを足す方法もあります。

よりダイエット効果、美肌効果を期待して、にんじんやほうれん草を足して野菜ジュース状にすることもできます。

ダイエット中は栄養が不足しがちですので、積極的に野菜も取り入れましょう。

レンジで温かくした豆乳を紅茶に注ぎ、おろしショウガを加える豆乳ティーも豆乳ドリンクとしていいでしょう。

飽きが来る前にバリエーションを変えて飲めば気分も変わります。身体も温まり新陳代謝が良くなるのでダイエットにぴったりです。

ダイエットは毎日続けることが大事ですが、無調整豆乳を飽きずに飲み続けるのは難しいかもしれません。

豆乳の飲み方は色々ありますので、ネットのレシピサイトなどを調べ、豆乳の飲み方も工夫してみると飽きずに続けることができるかもしれませんね。


このページの先頭へ