ウォーキングダイエット成功の秘訣

ウォーキングによってダイエットを目指すのならば、歩くときも運動になるような工夫が必要です。

基本的に散歩とは違うのですから、少しくらい呼吸が速くなるような歩き方をすれば、ダイエットとして効果的です。

ウォーキングダイエットとしては歩幅を普段より広めにすることが大切なので、自分の身長×0.45を歩幅の目安にして歩くと効果があがるでしょう。

背筋を伸ばして姿勢をよくし、かかとから着地するように歩きます。

そして大きく腕を振ると、腰が左右にひねられて、それだけでもダイエットの効果がひとつ加わるのです。

最初はツライかもしれませんが、そのペースでの呼吸にも慣れ、心地良い感覚になります。

ウォーキングダイエットは毎日できればそれもいいのですが、苦になるようでは続かないので、週2~3回を目安にして、習慣的にできるようになるといいでしょう。

注意点としては、ウォーキングの時間帯で、朝起きてすぐのウォーキングは、血圧が安定していないので危険です。

朝起きてすぐのときは空腹で血糖値が低下しているため貧血やたちくらみを起こしやすいので、できるだけ避けたほうが賢明ですが、するのであれば低カロリー食品やアミノ酸を摂取してからにしましょう。

アミノ酸は、筋肉組織をつくるとともに、エネルギー源として利用されるので、基礎代謝を高めてくれますから、有酸素運動による効果に加え、脂肪の燃焼をさらに大きくしてくれます。

運動に必要なカロリーも補ってくれるので、健康な体を維持しながらダイエットできるのです。

継続することでウォーキングダイエットをより楽しいものにすることも可能でしょう。


このページの先頭へ