ウォーキングダイエットにかける時間

ダイエットの効果をもたらすウォーキングは、有酸素運動であることがその理由となっているのです。

ジョギングやスクワットなども有酸素運動のひとつですが、ダイエットを始めようという方には、ウォーキングが最も適した有酸素運動といえるでしょう。

有酸素運動の基本は、酸素を消費し、そして十分な酸素を取り込むことです。

それであまり激しい運動だと十分な呼吸が得られず、そのため酸素をたっぷり取り込むこともできなくなり、脂肪燃焼につなげることができません。

ウォーキングという有酸素運動により、ダイエットが可能である仕組みを知っておくことが大切です。

体をめぐっている血液中には脂肪も流れていて、その脂肪がきちんと燃焼されないと体脂肪となってたまってしまい、肥満になるというわけです。

ついてしまった体脂肪は、順序として血液中の脂肪の後に燃焼されるためなかなか落ちにくいので、体脂肪になる前に酸素と結合させ、燃焼させる必要があるのです。

脂肪の燃焼は、それが血液中である場合も体脂肪である場合も、よりたくさんの酸素が取り込まれるほど効率よく行われるものなので、ダイエットするならば有酸素運動が最も適しているのです。

ただし脂肪が燃焼し始めるには、最低20分の運動が続けられないと始まりません。

運動の長さというものを考えて、だんだん長くできるように少しずつでも時間を延ばしていくなどするといいでしょう。

最低20分間という目標を持ちながら、自分のペースでウォーキングを続けるといいですね。

ダイエットのためなら運動は有酸素運動に限られるので、忘れないようにしましょう。


このページの先頭へ