朝2分ダイエットのやり方

目が覚めたばかりの体に、背中と胸をしっかり伸ばす運動を行うものが、朝2分ダイエットです。

大事なポイントは、深い深呼吸と共にぎりぎりまで体を伸ばし、その後全身の力を抜くことです。

最初に深く息を吸い、胸を開く運動をします。

朝起きてすぐ寝っころがたままの状態で、あお向けになって手の先から足までが一直線になるように両手を頭の上の方に伸ばします。

そして手のひらを上に向けて手を組み、鼻から息を吸いながら、上から引っ張られているイメージで、ひじを曲げない様にしっかりと両手両足を伸ばします。

骨盤がグッと締まるように、指先から足先までいっぱいにそらします。

足首を直角に保ち、左右の足を水平にし、足の小指側を意識して反らしましょう。

限界迄吸ったら、鼻でも口でもやりやすい方から一気に息を吐きながら脱力しましょう。

ここまでが胸を開くための運動です。

そして次に背中を開くための呼吸を行います。

体は仰向けにまっすぐ伸ばし、鼻から息を吸って大きな深呼吸をしながら、手のひらを頭側に向けた状態で手を組み、全身をピンと伸ばしてしっかりと全身を伸ばしていきます。

上下に引っ張られているような感覚で、足首は天井に平行になるようピンと伸ばして力を入れます。

ギリギリまで息を吸ってから、鼻か口から「ハッ」と息を吐き出しながら全身の力を抜きます。

2種類の深呼吸を3回繰り返してから、体を横向きになってからゆるやかにうつぶせになりましょう。

そっと起き上がれば、これで朝2分ダイエットは完了です。

腹筋を使って一気に起き上がると、締まりかけている骨盤の動きがストップしてしまいます。

ガバッと起き上がる事は避け、必ずゆっくりうつぶせになることが大切です。


このページの先頭へ